シネマチックトップページ 2010年 11月

がんばることの話

がんばることの話

Auther : 重徳明彦 Date:2010/11/06

自分がどこへ行きたいのか。
そんなことを良く考えます。

学生の頃からいつもいつも考えてきた気がします。
それにより?円形脱毛症からツルッパゲになったこともあります。

37にしてやっと最近「ほんの少し世の中が わかってきた」(引用:スピード/BODY & SOUL)(笑)
今日この頃ですが、怖い物もダンダン無くなり、とんとんと前に進めるようになってきました。

今はとにかくコレをやる、30代にして、やっと立ち上がった所だと思っています。

30にして立ち、40にして惑わず。。。

40歳になったら少しでも土台ができあがるのだろうか。

色々な人に良く聞かれるのですが、「どうしてこの会社を立ち上げたのですか?」と
答えは
「満員電車に乗ると倒れちゃうし」(一応、会社勤めのような事をしていましたので。。)
「ちょうど子どもが産まれる時期だったので自宅で仕事をしたかったから」
「自分の結婚式で流したビデオが好評だったのでなんとなくホームページに載せてみたら問い合わせが殺到したので」
「まあ、なんとなく流れで始めちゃったんです。」

とは答えて来ましたが、あれから約5年、今考えてもやっぱり本当にその通りだと思います。

でも、なんとなく、分からないながら始めたからこそ
お客様の要望をたくさん取り入れ、出来る限り応えてきました。

もちろん、映像や音楽に対しての感覚的な部分は僕なりの手法やセンスが多くありますが
出来る限り、お客様が思っていることを引き出し、
言葉では伝わりにくい部分があれば、どんどん具体的にして、
よろこんでもらえる作品を作ってきたつもりです。

お客様がこうしたい! ならば応えてあげる。当たり前の事をする事を続けてきました。

自分がああなりたい、こうなりたい、って言うことは未だによく分かっていません。

職人気質な僕としては、幸せなカップルがワクワク楽しめる、
そんな映像を作っていくこと。

今も昔も変わらずですね。

ところで僕の実の兄・重徳和彦が今度の2/6の愛知県知事選に出馬します。
ぜひ応援してやってください!

兄は妻1人息子3人、僕は妻1人娘3人です。

では!

最高で幸福な披露宴になりますように

お申し込み お見積もり
来店予約 お問い合わせ 無料電話コンシェルジュサービス 映像演出を熟知した専門スタッフが
無料でお電話にてご相談を承ります。
ページトップ