シネマチックトップページ 2011年 4月

今できることだけでもの話

原発付近の津波の被害者の捜索活動がようやく始まりましたね。
被害に遭われ、亡くなられた方が少しでも早く発見されることを祈っております。

南相馬の円谷さんは原発から30km圏外なので一応戻れるとのことで
また、周りの方々も帰る方向でおられるとのことで、帰られました。

ただ、未だに復興への道が開かれていない状況らしいので
原発の事がいつまで続くのか、不安でたまりません。

少なくとも風評被害だけでも解消されることを祈っています。

先日、弊社の佐々木が放射能と放射線の違いや体への影響などを
僕を含め、スタッフに細かく説明してくれました。

いろいろな意見が飛び交っているが
情報をしっかりと受け入れ、自分なりに判断していくことが大事だ
という結論?になりました。

各メディアが微妙な言い回しの違いで様々な事を言っていますが
新聞やテレビ、それぞれの行間をしっかり読み、自分なりにどういった行動をとるべきかを
考えていかないといけないと思っています。

ろくでもないテレビやくだらない週刊誌の関係者の方々には
十分注意を払っていただきたいです。
あなたたちのおかげで、風評が広がっている部分も多いと思います。

あなたたちが言うことを
あなたたちが面白おかしく言うことを
もっと過剰に受け止める素直な一般人がいる事はわかっていますよね。

普段から存分にくだらないことを伝えている方々!
こういう時だけでも、協力しあって、本当に今の被災者の方々、特に原発付近の方々の事を思って
報道をしていただきたいと思います。

さらに、政治家の皆様、菅おろしなどと言って批判しているより
自分たちでできることを最大限に行っていただきたいです。

誰がどうだこうだ、よりも
今は全力で復興にまっすぐに迎えるよう協力していく時ですよね。

なかなか僕にできることが見つかりませんが

・社内のケチケチ節電
・コンビニやインターネットなどでの募金
・会う人会う人に意識を伺うこと
・家族と震災の方々について毎日話しあうこと

などなど、
僕が今できることだけでも行い、想いを絶やさず続けることだと思っています。

長い期間の活動となるかと思います。
がんばろう日本

p.s.
今朝、娘たちとの朝食の会話の中で、長女(5歳)が
「リコが魚だったときはねマコちゃん(次女)の方が2歳年上だったんだよ・・・」と話していた。
不思議な話でした。。。

南相馬の話

Auther : 重徳明彦 Date:2011/04/05

3/20頃
原発の20~30km圏内の自主避難要請を宣告されている辺りに
知っている結婚式会場さんがあったので連絡を取ってみた。

会場は津波の被害は無く、水力発電らしく
なんとか、営業はできないもののちょっとした避難所のような体制になっているそうでした。

良かった良かったと思いましたが
何かできることは無いかと、

例えば、
会社に一部屋空いているので、もしよかったら
こちらで一家族でもいらしていただいて、避難所として受け入れましょうか?
福島の避難所で動けなく、不安がっているより
同業種の方にいらしていただき、少々仕事をしていただきながら
意見交換したり、お手伝いしていただいたり
気が紛れるのではないでしょうか?

僕なりの考えで提案をしてみました。

すると、ちょうど原発のことで関東のほうへ非難している方がいらっしゃるとのこと。
その彼が良ければ、シネマチックへ行かせますよ。
とのことでした。

こちらも管理人さんに許可をとり、受け入れ体制OK。
次の日、円谷さんという方から連絡があり、実際に会社に来てもらいました。

夕方、会社がバタバタしている状態のなか来てもらったのですが
早速資料請求のパンフレットの制作の仕事などをお願いしました。

申し訳ない思いもありつつ、どんどん仕事を進めていただき、
本当に助かりました。ありがとうございました。

計画停電の予定もあったので、早めに仕事を切り上げ
円谷さんには南相馬の状況を話していただいた。

地図を書いてもらって、海岸から6号線、津波の影響がどれほどだったのか。
円谷さんや知人、会社の方々の被害状況。
その中でも、やはり一番の問題は原発の影響との事でした。
あれさえなければ、向かう方向が見えてくるのだけど。。。
と、確かに。。

住み慣れた場所に、戻れるのか。
いつ戻って良くなるのか、いつまで待てば良いのか。

高校生の娘さんをお持ちで、その娘さんの事を考えれば
復興して、その学校に通えるようになるならば
すぐにでも戻って復興に力を注げるけど、
もし、戻れない状態になってしまうならば
編入を考えなきゃならないし。。
少し待てば戻れるのであれば、待つし。。

聞けば聞くほど、不安で、どうしようもない区域なんだ、と感じました。

うは~・・・今日も少々疲れ気味なので、続きは後日で。。

p.s.
娘がおねしょをしました。
シーツを替えて僕が寝る場所を確保して長女、次女の間に挟まって寝ることとします。

いま、替えるシーツがあるだけ、幸せだと思ってます。

最高で幸福な披露宴になりますように

お申し込み お見積もり
来店予約 お問い合わせ 無料電話コンシェルジュサービス 映像演出を熟知した専門スタッフが
無料でお電話にてご相談を承ります。
ページトップ