シネマチックトップページ 「罪を憎んで人を憎まず」の話

CINEMATIC BLOG

シネマチックの日々の日常を

「罪を憎んで人を憎まず」の話

Auther : 重徳明彦 Date:2014/07/25

こんにちは重徳です。

 

最近いろいろと各地で犯罪があったりしますが
ありすぎてすぐに忘れてしまします。

 

報道されていない事件も沢山あるのでしょうかね。

 

とにかく事件の報道を聞く度に
「罪を憎んで人を憎まず」
と思っています。

 

その犯罪を犯した人間を悪とはせず、
犯罪が起こった背景や原因を罪とすると。
(もともとの意味合いはこういうことで良いのかわかりませんが。。)

 

何でこんな人間が生まれるんだろうか。
家庭環境なのか、教育なのか。

 

倉敷で起こった誘拐事件。
あの人の生活や家庭環境はもっと良くできなかったのか。
さらには地域でのコミュニティーに改善すべき点はなかったのか。

 

犯罪者をどう裁くかよりもこれからの環境作りや教育を
どうしていくかを考えていかんといかん。

 

僕の身の回りに良くない環境は出来ていないか。

 

思うところは沢山あるけど、具体的にどうしたら良いか。
少なくとも僕の家庭周り、会社周りを良い環境にしないといかんなと。

 

そこでふと思ったんですが、
「罪を憎んで人を憎まず」の逆って?

 

「功績を愛して人を愛さず」かな。

 

例えば誰かがノーベル平和賞を取ったとして。
その人は讃えられるべきと誰もが思うかもしれませんが
その人を支えてくれた環境や育ててくれた地域、人々がすばらしいということが
すばらしいという事。

 

例えば、会社での業績が伸びた事は数字を出した人ではなく
支えてくれた、その他の社員や関係者、家族だったりするもんね。

 

「人を愛さず」という言うのは、ちょっとあれなので
「功績も愛して、人も愛して」が良いのかな。

 

ま、罪にしても功績にしても、身の回りの環境や人々によって
できあがってくる物だとおもいます。

 

出会った人、これから出会うだろう人を大切に、
これからも頑張っていきたいと思います。

 

ちょっとまじめな話になってしまいました。
はは。

 

また、来月!

感動のプロフィールムービー19,800円から

いつまでも記念に残る、いつ見ても感動できる、
そんなプロフィールムービーのご提案をさせて頂きます。

プロフィールムービーを制作する上で、私たちシネマチックがずっと大事にしてきたこと。

  • 結婚式の意味、家族のあり方、友人との絆、二人のこれからの歩み。
  • ファッションでも無く、流行りでも無く、すごくシンプルな所にある大事なもの。
  • いつの時代でも変わらず、大切な物。

合わせてこちらの記事もどうぞ

2016.07.28
カンブリア宮殿&情熱大陸のパロディを制作させて頂いたお客様からお中元!
2016.04.15
世界中の「大人」たちが一度に笑ったら
2016.03.18
人生はずっと「途中」2
2016.02.18
人生はずっと「途中」
2016.01.07
新年明けましておめでとうございます。
2015.11.23
小学4年の教科書「便利ということ」を聞いて
2015.09.22
感動しましょう、感動してもらいましょう。プロフィールビデオ制作の10年
2015.03.12
著作権についてのちょっとした思い
2015.03.04
ソラトニワ原宿でネットラジオに出演させていただきました
2014.12.26
一年の計は年末にあり
挙式間近の新郎新婦様へ最短1週間で制作可 Wキャンペーン 最大7万円オフ アンコール!

CINEMATIC BLOG

最高で幸福な披露宴になりますように

お申し込み お見積もり
来店予約 お問い合わせ 無料電話コンシェルジュサービス 映像演出を熟知した専門スタッフが
無料でお電話にてご相談を承ります。
ページトップ